当サイトが紹介するおすすめオンラインカジノ
未分類

オンラインカジノの「iWallet」メリットやデメリットとは?

オンラインカジノを利用するプレイヤーにとって「iWallet(アイウォレット)」を使っているという方も多くいらっしゃると思いますが、そのiWallet(アイウォレット)を利用するメリットやデメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

それらをまとめてみました。

iWallet(アイウォレット)とは?

iWallet(アイウォレット)は、今「ecoPayz(エコペイズ)」につづく電子決済サービスとしてオンラインカジノを利用するプレイヤーがとても多く利用しているサービスになります。

ecoPayz(エコペイズ)の最大の特徴だった「エコカード」のようにコンビニATMでも引出が出来る「iWallet(アイウォレット)カード」があるのが特徴となっています。

iWallet(アイウォレット)の運営企業や信用度とは?

iWallet(アイウォレット)は、イギリス・香港・フィリピンに拠点に構えている「IWALLET SYSTEM EU LTD. 」という企業が運営しています。

設立は2013年からで現在はヨーロッパを中心に世界展開をしていています。

「MSO(MoneyServiceOperatorsLicense)」という香港政府が発行しているライセンスを取得して運営されているため信用度は高いと言えるでしょう。

またiWallet(アイウォレット)のプラットフォームは、「ファイアウォールシステム」という最先端の技術を採用しているほか、業界では標準ともなっている「SSL暗号化技術」を採用しています。

そのため不正アクセスからのデータ盗難などをしっかり保護出来るように対策をされています。

iWallet(アイウォレット)の手数料とは?

iWallet(アイウォレット)の手数料を一覧でまとめてみました。

国際銀行振込(入金) 無料
個人間送金

(受取側に請求されます)

送金額の0.5%
法人→個人送金 無料
個人→法人送金 無料
国際銀行振込(出金) 送金額の0.5%(最小$35)
外貨為替 iWallet指定レート
銀行振込の取消手数料 $50.00
口座維持月額手数料 無料
休眠口座管理手数料 $20.00/年
口座閉鎖手数料 $5.00
iWallet口座からのカードへチャージ 1.75%(最小$5)
ATM引出手数料 $4.5
毎月カードの維持費 $2

以上の手数料が発生するということになっています。

iWallet(アイウォレット)のメリットとは?

ではiWallet(アイウォレット)を使うメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

コンビニATMで引出ができるカードがある

iWallet(アイウォレット)にはプリペイドカードの「UnionPay(ユニオンペイ)」にチャージすることでセブンイレブンなどのコンビニATMでそのまま出金することが出来るプリペイドカードが発行できるサービスがあります。

手数料は発生してしまいますが、国内口座へ送金することなく引出が出来るようになっています。

アジア圏の通貨に多く対応している

iWallet(アイウォレット)の運営ものとがフィリピンと香港にあるためにアジアの通貨に多く対応しています。
現在取り扱いのある通貨が

・JPY(円)
・USD(アメリカドル)
・EUR(ユーロ)
・GBP(英ポンド)
・SGD(シンガポール・ドル)
・HKD(香港ドル)
・CNY(中国人民元)
・IDR(インドネシアルピア)
・PHP(フィリピン・ペソ)
・MYR(マレーシアリンギット)
・THB(タイ・バーツ)
・VND(ベトナムドン)

となっています。今後はもっと増えることも予想出来ます。

iWallet(アイウォレット)のデメリットとは?

反対にiWallet(アイウォレット)を使うデメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

ecoPayzよりも対応しているオンラインカジノが少ない

オンラインカジノで一番多く対応しているのがecoPayz(エコペイズ)になります。現状ではiWallet(アイウォレット)よりもecoPayz(エコペイズ)のほうがたくさんのオンラインカジノに対応してるため利用出来ないところがあるのはデメリットとなります。

各種手数料が高い

プリペイドカードの「UnionPay(ユニオンペイ)」を使うことでコンビニATMから出金が可能とはなっていますが、手数料がとてもかかってしまいます。

iWallet(アイウォレット)口座から「UnionPay(ユニオンペイ)」にチャージするのに、最小でも$5が発生してしまいますし、チャージ額の1.75%ということになるので大きな金額をチャージしようと思うとそれだけ手数料がかかってしまいます。

またコンビニATMで引出の際に出金額にかかわらず$4.5が発生してしまう点も便利ではあるものの、無駄な出費と言えるでしょう。

またプリペイドカードの「UnionPay(ユニオンペイ)」を持っているだけでも毎月維持費として$2がかかってしまうために注意しないと手数料がかさんでしまうということになります。